研究職の転職

研究職の仕事

研究職の人事異動:研究が上手くいっても上手くいかなくても異動?理由を推察

日本企業で働いていると、 必ず「人事異動のシーズン」があります。 誰が出ていき誰が来るのか、どこへ行ったのか、 自分の上司は変わるのか、その上司はどんな人か、 人事ネタは社員間でも一番盛り上がるネタといっても過言で...
研究職の転職

研究職の転職は30代前半が目安?転職エージェントの意見をまとめてみた。

2022年1月より、 食品会社研究員の私の市場価値を知りたいと考え、 転職エージェントに登録して話を聞くという活動を始めています。   会社内のフィードバックだけでは自分の価値が分からず、客観的な評価を聞きたい。 ...
研究職の仕事

博士から企業への転職:アカデミアから食品会社へ転職した研究員の入社後の働き方

現在私が所属している食品会社では、 研究職・開発職の社員のほぼすべてが、新卒で採用された社員です。   ほとんどが修士課程卒業の理系枠で採用された人たちで構成されており、 博士号持ちの社員は非常に少なく、 そ...
研究職の仕事

研究職の人事異動:研究所から異動した人の職種と、研究し続けたい人がすべきこと。

日本の多くの企業では、 4月に合わせて組織改革や人事異動を実施しています。 私が所属する会社でも、今回の人事異動が少しずつ明らかになってきています。   誰が出ていき誰が来るのか、どこへ行ったのか、 自分の上...
研究職の転職

研究職の転職活動:年収と地域について転職エージェントからアドバイス(2022年3月)

転職エージェントとの面談で、研究職の年収と地域の関係について傾向を聞くことができました。一般的に首都圏で年収が高く地方に行くほど下がるといわれますが、研究職でも同様なのか、エージェントから伺った内容をまとめます。
研究職の転職

研究職の転職活動:研究職がビズリーチに登録してスカウトが来る?(2022年3月)

食品会社研究員として登録して、スカウト案件は来るのか?という疑問を持ち、実際に登録しました。その結果と、それをきっかけにした転職活動への活用例を紹介します。
研究職の仕事

研究職の人事異動:研究職の異動先や、研究所へ異動してくる人の所属元をまとめました。

研究職の人はどういった先へ異動していくのか、はたまたどこから異動してくるのか。主に当社の事例を中心に「研究職の異動」について書いていきます。
研究職の転職

研究員の転職活動:JACリクルートメントと面談、研究職求人を紹介してもらえるか?(2022年2月)

今回は、JACリクルートメントの方と面談し、求人を紹介してもらいました。転職エージェントに登録し、研究職としての自分の客観的な価値を知り、アドバイスをスキルアップや日頃に業務に活かし、市場価値を高めていきたいと考えています。
研究職の仕事

研究職はつぶしがきかない?長く生き延びるためにできることは?

企業研究職が身に着ける専門性は、必ずしも他部署や社外で活きるものではありません。外の世界に目を向け、汎用しやすい形にブラッシュアップすることで、つぶしが効かない立場を回避できるはずです。
研究職の転職

食品会社研究員として、転職エージェントに登録してみた。(2022年1月)

転職エージェントに登録し、研究職としての自分の客観的な価値を知り、アドバイスをスキルアップや日頃に業務に活かし、市場価値を高めていきたいと考えています。
研究職の仕事

企業研究職の特徴:実名で専門性や業績をアピールできる

企業研究職は、会社員でありつつも研究者であり、専門性や業績を実名で対外的に公開することができます。自分の価値向上、キャリア形成などにうまく使っていくとよいでしょう。
研究職の仕事

研究職と専門性:専門性と実績が研究者としての自分の価値を高めてくれる。

忙しい中にも専門性を高める時間を確保することが、研究者としての市場価値を高めることにつながります。
タイトルとURLをコピーしました