研究職の仕事

研究職の仕事

企業研究職と博士号:博士号を持っていることで業務上メリットはある?

博士号が会社で活かされるかは会社の雰囲気によりますが、自分の付加価値化という面でとっておいて損はないと思います。
研究職の仕事

企業で論文を書く目的:企業では論文を書くことがゴールではなく、その先の目標も大切。

企業では、会社にとって必要になったときに論文を書きます。ただし、論文を書くことは研究者個人の成長に直結するはずです。
研究職の仕事

研究職と専門性:専門性と実績が研究者としての自分の価値を高めてくれる。

忙しい中にも専門性を高める時間を確保することが、研究者としての市場価値を高めることにつながります。
研究職の仕事

企業の研究テーマ:新規性だけでなくその先のゴールも意識したテーマ設定が求められる

企業の研究では、新規性・新発見以外にも大切なことがあります。
研究職の仕事

食品会社での研究職の立場:研究職は会社の中では少数派で、肩身が狭いことも多いです。

「研究」といっても、会社によって与えられる役割はかなり違います。少数派である研究員は、会社の中でどのようなことを考えて仕事をしているかを書いていきます。
研究職の仕事

企業研究職の働き方:お金を使って時間を買う「時間単価」の考え方が大切です。

学生時代苦労して自作したあの高価な実験器具を、企業ではパッとお金で買ってしまうことも。この違いは、「時間単価」の考え方によるものかもしれません。
研究職の仕事

食品企業研究所の時間の流れ:他の事業所と比較して、時間がゆっくり流れる傾向があります。

大学院では、研究室ごとに一日の過ごし方やルールが全く異なっていました。 コアタイムがない、 土曜日も出勤必須、 毎日指導教官にデータを持っていき都度予定を修正しないといけない、 進捗報告は月に1回だけ、 など...
タイトルとURLをコピーしました